What's New
いらっしゃいませ


ルイボスティーとは
南アフリカ共和国の南部・喜望峰(西ケープ洲)北西に広がる
セダルバーグ山脈地方一帯で採れる特殊なハーブティーです。

ルイボスの【ルイ】は現地語で【赤い】、【ボス】は【藪(やぶ)】と言う意味で、
現地では古くから不老長寿の飲み物として愛飲され、
その効果を【ルイボスの奇跡】と呼び賞賛されています。

現在ではアメリカやヨーロッパ諸国でもアンチエイジングの飲み物として広く愛飲され、
日本でもお子様のアトピーや美肌効果として、当店でも20年以上の販売の実績があります。

その要因として、
ルイボスティーにはカフェインが一切含まれていない事にあります。
ノンカフェイン飲料として日常のあらゆる場面で、就寝前でも安心して飲めることと、
赤ちゃんやお子様、お年寄りから妊婦の方まで幅広い年齢層にお飲み頂けます。
実際、ルイボスティーが現地、南アフリカで一般に愛飲され、
今や日本での緑茶の様に飲まれている現状も
ルイボスティーがノンカフェインだからだと言われています。

また人間の身体に非常に大切なマグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、
さらに微量栄養素として大切な亜鉛などのミネラルを多く含んでいます。

さらに食品の安全性が問われている今日で、
当店舗の取扱いをしているルイボスティーには農薬・化学肥料等を一切使用していない
オーガニック・スーペリアの茶葉を使用しているので、ご安心してお飲み頂けます。



薬理効果として
ルイボスティーには、体内に大量に発生した活性酸素を中和する
酵素:SOD(スーパー・オキサイド・ディムスターゼ )の働きをもつフラボノイド類が
豊富に含まれている事は広く知られている事ですが、

最近の研究結果では、
ルイボスティーを飲む事で食後の高血糖を改善し、
食後の血糖値の急激な上昇を抑えるとともに、
血液中の尿酸濃度を低下に有効である

と言う事が新たに見出されています。
糖尿病、高尿酸血症、痛風などにお悩みの方の予防には最適です。

お肌に対しても
メラニン生成抑制作用、紫外線吸収作用も認められており、美白作用も期待されます。
他には、抗炎症、抗アレルギー作用も期待される為、皮膚疾患の改善が認められており、
化粧品の用途ととして幅広く使用されるようになって来ました。

これからもルイボスティーの活躍の場が広がっていく事でしょう

■□■□■お召し上がり方□■□■□


        ◎ 目安として、1日1リットルお飲み頂く事をオススメ致します。

        ◎ お作り頂いて、夏場でも常温で3〜4日置いて頂いても、美味しく頂けますが、
           お早めにお飲み下さい。

        ◎ 飲み残しの際はお花の花瓶、生け花に。
           使用済みのティーバッグは集めて『ルイボスティー風呂』に・・・。
           茶葉は観葉植物の肥料に再利用で経済的です♪♪

        ◎ お好みでレモンやミルクを加えると一層美味しくご愛飲頂けます。
           お酒(日本酒・焼酎)との相性も良く、二日酔いの防止にも。

        ◎ その他はルイボスティーを使ってお料理に…
           オススメレシピはこちらをクリック♪♪